忍者ブログ
Since 2009 11/19-2013 02/27→Ver.Ⅱ移行
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんこんにちばんは。

ここ最近、激しい雨が続いてばかりで退屈というか、ウンザリというか・・・
気温が高いから、連日ミストサウナ状態で常に汗だくなので、服に除湿機を仕込みたいと真剣に考える毎日です(笑)

んで、今日は高機動型ザクの完成レビューとなります。

hmz-k1.jpg









hmz-k2.jpg








今回は製作期間15日、最長(同じく15日)のWゼロカスを越える事は無かったです。

オプションに関しては、ここ最近行きすぎた感のある装備ばかりだったので、今回は比較的シンプルにまとめました。

hmz-k3.jpg









hmz-k4.jpg






今回最大の見どころであろう脚部は、当然のごとく旧キットからの流用になりますが、そのままではザクの体躯に対してかなり細いと感じたので、細切りのプラ板で3ミリ幅増ししてみました。

hmz-12.jpg






関節はこのように一つのフレームを作り、そこに装甲(脚パーツ)を被せる形式となっています。

当初はザクをベースにするため、当初このパーツは膝部分までしか作ってなかった(ザクの脚関節が使えるため)のですが、旧ザクベースで作った方が手っ取り早いと感じ、急遽フレームを作り足した・・・という感じですね。

バーニアは形状がいずれも貧弱に感じたので、コトブキヤの四角いバーニアを使いました。
また、後ろの方のフィンは、スプリングパイプ接続としています。

hmz-k5.jpg







hmz-16.jpg







バックパックは、真鍮線と元のジョイントの2か所で固定するようになっています。

脚と同様にメインのバーニアが貧弱なため、ここはHGUCステイメンのものを使いました。
その他には、上のハンドル(?)を真鍮線で自作したくらいですかね。
元の形状が良かったので、改造はこの3点だけとなります。

hmz-k6.jpg






頭部はHGUCガルマ専用ザクから、胸アーマーは1/144陸戦型ザクからそれぞれ流用。

hmz-19.jpg








hmz-13.jpg







モノアイはそのままでも可動しますが、頭の合わせ目を接着すると動かせなくなるので、首関節の真後ろを刔ってから、モノアイパーツの後ろに埋めた真鍮線で動かすようにしました。

腹の動力パイプ基部に関しては、流用出来るパーツが無かったため、プラ板の積層と削り出しで作りました。
それに併せて胸アーマー下も延長。胸周りのパーツの接続は全てスプリングパイプで行い、腰の可動を極力妨げないようにしました。

hmz-k7.jpg






メイン武器のザクマシンガンは、銃口とグりップ基部が折れていた為、新たに真鍮線の銃口とグレネードランチャーを増設しました。

なお、腕は肩を旧ザクから、二の腕から先はガルマザクを使いました(シールドはFGの量産型から)が、パーツさえあればそのままザクの腕を丸々使いまわしても良かったです。

hmz-k8.jpg




左腕は肘アーマーを欠損していたため、自作の機関砲を取り付けました。
一応真鍮線で取り外し可能なので、基部はささやかながらディテールアップしてあります。

hmz-k9.jpg




今回もう一つの自作武装となる、多少肉厚なナイフ。
柄はプラ棒に瞬着を染み込ませたティッシュを巻き、なるべく持たせやすくしています。

鍔は上の方を長くし、穴を開けていますが、これには訳がありまして・・・

hmz-k10.jpg





マシンガンと組み合わせて銃剣にできるんですな。

当初銃剣は作る予定は無かったのですが、少し前に読んだ「皇国の守護者」という漫画で銃剣が非常に印象に残っていたので、思わず作る事にしました(笑)

hmz-k11.jpg








他にも、ガルマザク付属の大型ヒートホークを付けてみました。
見た目のインパクトもそうですが、こちらの方が持ちやすいってのもありまして・・・何でヒートホークってどれもこれも持ちにくいんですかね?

hmz-k12.jpg









hmz-k13.jpg





可動範囲は腕を除き、全て素体となったHGUC旧ザクと同じです。

旧ザクにポリキャップのスタンド受けがあるため、何の加工も無しにスタンドがそのまま使えるのはありがたかったです(笑)

hmz-k14.jpg






素体になる予定だったザクと。
ゴテゴテというか、足回りのパーツや色のお陰で殆ど別物の印象を受けます。実際中身は殆ど別物なんですが。

hmz-k15.jpg







hmz-k16.jpg







おまけとゆーか何とゆーか・・・旧キットではなく、何故か家にあったハイコンの高機動型ザク(ライデン機)と。

多少仕様は異なるものの、外見は概ね旧キットと同じなので、十分比較の対象にはなるでしょう。

しかしながら、こうやって並べてみると、体格の割にハイコンが長身なんだなぁ・・・と実感しますね。

hmz-k17.jpg






ジャイアントバズ&ザクマシンガン改。

ハイコンは腕の可動が異常に広い割に脚が殆ど動かないので、ポーズの付け方には多少技術が要りそうです(笑)

hmz-k18.jpg









hmz-k19.jpg








おまけのおまけ、パーツ交換で通常型のザクにも出来たり。

パーツ自体は旧ザクの改造になりますが、意外とそれっぽい・・・ってか、頭はもろFS型なので、型番は一体何とすればいいのか・・・

ということで、高機動型ザクのHGUC風味でした。

Gファイターも終わり、さあ何を作ろうかなどと全く計画を立てていなかったので、以前から案を練っていたこのザクにとうとう着手する事にしました。

旧キット側のパーツはヒケとバリが顕著だった事以外は概ね良好な形状で、大きな形状変化は脚の幅増しくらいです。

素体は当初ザクを考えていたものの、素体として使うには不備が多かった事から、より可動範囲の広い旧ザクベースで作る事にしました。

~塗装ガイド~
本体:ブラック+ダークシーグレー+ネービーブルー
胸、腕など:レッド4・ブルー6の紫+ダークシーグレー+明灰白色
肩、爪先など:セミグロスブラック
太腿など:ダークシーグレー

さて、相変わらず何も考えてなかったので、次は何にしようか。
というかその前に、ビデオを撮って金曜までに編集せねばいけないのですが・・・もしかしたらその都合で、明日明後日あたりはプラモをお休みするかもしれません。

今日はここまで。 ばいばーい。

拍手[1回]

PR
皆さんこんにちばんは。

今日のオーズは、ゴルフ特番によりお休みでした。
先週5103が大活躍したと思いきや、次の週はいきなりお休み・・・やっぱり扱い悪いなぁ。

んで、今日のザクぅ~!!

hmz-43.jpg








よーし、これでやっと塗装が終わったぞ!

結局胸などの紫色は、ブルー6・レッド4程度の割合で作った紫にダークシーグレーと明灰白色を少し足した色を使いました。
でも、今思えばもっと白っぽくても良かったかなぁ。

hmz-44.jpg








今回赤はシャインレッドを使いましたが、下地をいつもの瓶サフから長らく使っていなかったベースホワイトを試しに使ってみたところ、中々綺麗に赤色が出てきてくれました。

他にはバックパックのバーニア類と、足のプロペラントタンクを貼りつけたくらいでしょうか。

さて、後はスミ入れをしてデカールを貼って完成ですが・・・良くて明日、もしかしたら明後日くらいに完成レビューかな?
とりあえず次は何を作るか・・・未だに何も考えてなかったです(笑)

今日はここまで。ばいばーい。

拍手[0回]

皆さんこんにちばんは。

先日タケさんのところで、「ガンダムAGE」の主人公機キットについての紹介があったんですが、これがまたよく分からない事になってまして・・・

写真に写っているキットはパッと見HGレベルのクオリティなんですが、その割にネジ使用とか3000円オーバーという異常な価格設定が気になったので調べみたところ、4種類のキットで発売されるとの事だそうな。

公式サイトによると、
・1/144のHG
・1/144の新ジャンル「AG(アドバンスグレード)」 
・1/100のMG(現在企画中)
・1/48のメガサイズモデル
があるんですよね。

ただ、メガサイズが3000円やそこらで収まるとも思えないし、MGならばあのクオリティはあり得ないし・・・
AGについては、FGに毛の生えた程度で定価630円、HGは1260円・・・これはまあ妥当な値段か。

で、件の「ひどすぎる」と言われているキット・・・あれはプラモではなく、1/100の「GB(ゲイジングビルダー」と呼ばれる可動フィギュアなんだそうな。

タケさんとこのコメ欄で「プラモとして見るより、可動フィギュアの類として見た方がマシな値段設定」と書いてましたが、やはりフィギュアだったか・・・というか完成度においてプラモとの温度差が激し過ぎるような。


ICチップに関しては、AGの段階で内蔵されるとの事だったので、コストの高騰にはさほど影響しない模様。

ICチップでプラモをスキャンして、自分の作ったプラモで対戦ゲームができるという、「プラモ狂四郎」を彷彿とさせる仕様が今回の目玉なんですが、残念ながら改造キットには対応していないんですよね。
当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、オリジナル・改造キットに対応出来るんならば一体どうなっていた事やら・・・(笑)


んで、とりあえず今日の高ザク~(何なんだこの略称・・・)

hmz-40.jpg





とりあえず丸1日塗装に使い、ここまで進めましたが・・・真っ黒だなぁ。
あ、ちなみに今回は予定通りの黒い3連星カラーで塗ることにしました。

機体の大部分を占める黒っぽいグレーは、ブラックをベースにダークシーグレーとネービーブルーを混ぜて、多少紫がかったグレー、肩や爪先などはセミグロスブラック、太腿はダークシーグレーをそのまま使いました。

hmz-41.jpg






頭部は色を塗るとツノが微妙だったので、ツノを切り落とした上で再塗装しました。
バルカンは後から塗るとして、なんかツヤツヤなのがなぁ。

hmz-42.jpg








恐らく今回最も塗り分けが複雑になるであろう脚まわり。後はパイプやバーニアの中身を塗るだけだ!

さて、これで7割方の塗装は出来たかな?
一度塗装に入ると後はすぐ出来るので、完成はもうすぐでしょう。

とりあえず次は明るい色の塗装に入りますが、紫(こんな感じの色)はどうしたものか・・・

今日はここまで。ばいばーい。

拍手[1回]

皆さんこんにちばんは。

今日は文化祭(もどき)で上映するビデオの撮影練習をしていました。

正直あと1週間ほどしか時間がない上、編集にそれなりに時間を使うため、本当なら今週末あたりに全部取って前日までにビデオの編集をしたかったんですが、本番を火曜日に撮るとか・・・大丈夫なのか!?

とりあえず準備はしとくとして・・・もっと早め早めに時間を取れたら幸せだったんですがね(苦笑)

で、今日の高機動型ザク~

hmz-39.jpg




ようやく・・・ようやくパーツを洗えた・・・・・(汗)
今はタオルの上で乾燥中ですが、今の内に色の用意でもしておこうかな?

今回は黒い3連星カラーを想定してたんですが、今になってまた別な色でも良いかなぁと思うようになったり。そもそも3連星カラー(というかドム色)の紫無いですしね。
あと、ザクの完成もそう長くないと思うし、そろそろ次は何するか考えとかなきゃなぁ。

ああ、ホントに忙しいのか暇なのか分かんなくなってきたぞ・・・一体どっちなんだい!?

今日はここまで。ばいばーい。

拍手[0回]

皆さんこんにちばんは。

今日は諸事情によりクラブがお休みだったので、授業後まっすぐ帰ってきました。
まあ、いつも何をするでもなくウダウダしているだけなので、たまにはすぐ帰ってくるのもいいですね。


~で、今日の高機動型ザク~

hmz-35.jpg


 



今日塗装の準備をしようかと思ったら、色々忘れていた事があったので、急遽そこを弄る作業に入ります。

脚首のフィンは、スプリングパイプで接続。根元にはプラ板を貼っています。
バーニアは脚を幅増して元のパーツが圧倒的にボリューム不足となったので、コトブキヤのバーニアに変更しました。

hmz-36.jpg






ナイフは柄を若干延長し、鞘を自作。
柄は延長の他にも瞬着を染み込ませたティッシュで太らせてあるため、より手に持たせやすくなりました。

hmz-37.jpg









hmz-38.jpg






一旦脚をバラしたついで、旧ザクのパーツが余ってるのが気になったので、若干の加工を施して通常のザクに近い姿に出来るようにしました。

とはいえパーツの形状が形状なので、FS型(ガルマザク)とF型の中間みたいな感じの姿になりましたが・・・


さて、いつになったら塗装を始めようか。いい加減始めないと、パーツ洗う作業が面倒になってきたぞ・・・
そういえば明日、クラブの方で大事な報告があるとか言ってたなぁ。一体何があるのだろうか。

今日はここまで。ばいばーい。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
T・Δ(たう・でるた)
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1992/05/24
職業:
大学2年生
趣味:
主にプラモ作ったり集めたり。とにかく多趣味です。プラモ歴は現在18年目になります。
自己紹介:
生まれてこの方、プラモと玩具に囲まれて生きてきたプラモ野郎が適当な事を書き連ねてゆくブログです。

~このブログ内で作ったプラモ達~

・1/144ガンダム系
∀ガンダム
フラット
ターンX
ザクⅡF2型
ヴァイエイト 
メリクリウス
トールギス
ガンダムヘビーアームズカスタム
シャイニングガンダム
HGAW ガンダムX
ガンダムエアマスター
コアブースター
ガンダムマックスター
HGFC ゴッドガンダム
Gビット(旧キット改造)
ボルトガンダム
ガンダムレオパルド
ドラゴンガンダム
シェンロンガンダム
HGAW ガンダムXディバイダー(ミキシング)
ライジングガンダム
ヴィクトリーガンダム/Vダッシュガンダム
Vガンダムヘキサ
ガンダムシュピーゲル
ウィングガンダム
ガンダムレオパルドデストロイ
ガンダムエアマスターバースト
HGUC ジムスナイパーカスタム(HGUCジム改造)
ウィングガンダムゼロカスタム
HGUC プロトタイプガンダム(ミキシング)
HGUC ヘビーガンダム(HGUCガンダム改造)
HGUC パーフェクトガンダム(ミキシング)
HGUC Gファイター/Gアーマー
HGUC 高機動型ザク(ミキシング)
V2ガンダム/V2アサルトバスターガンダム
HG 105ダガー
HG ストライクガンダム再生産機+エクステンドストライカー
ガンブラスター/ガンイージ
HG ソードカラミティ
HG ストライクダガー(コレクションキット改造)
HG ジェノアス
HGUC グフ
ドダイYS(旧キット)
HG ガンダムAGE-1ノーマル/スパロー/タイタス/フラット
HG ジェノアスカスタム
HG Gエグゼス
HG シャルドール改
∀ガンダム

・航空機系(1/72)
ダッソー ラファールC01
サーブ JAS-39A グリペン
ダッソー ミラージュ2000
F-15E ストライクイーグル アイドルマスター"如月千早"
ユーロファイター タイフーン
サーブ JA-37 ヤクトビゲン
マクドネル・ダグラス F-4S ファントムⅡ
ダッソー ラファールA
グラマン X-29
サーブ J-35 ドラケン
ダッソー ミラージュⅢC
I.A.I クフィルC2
ノースロップ F-20 タイガーシャーク
パナヴィア・トーネードF3
ダッソー ミラージュF1C
ロッキード F-117A ナイトホーク
スパッド S.XIII
ゼネラルダイナミックス F-16D ファイティングファルコン
ダッソー ラファールC01 一周年記念Ver.
スーパーマリン スピットファイアMk.Ⅰ前期型
ミル Mi-28 ハボック
ノースアメリカン F-100D スーパーセイバー
ノースロップ T-38A タロン(PMモデル改造)
三菱 T-2
チャンスヴォート F7U-3 カットラス
川西航空機 N1K2-J 紫電改
メッサーシュミット Bf109G-2 フィンランド空軍 (エアフィックス改造)

・バイク系
ヤマハ YZF-R1

・エルガイム系(1/144のみ)
HGHMエルガイム
グルーン
オージェ
アローン
グライア
バルブド

・ドラグナー系(1/144のみ)
ドラグナー1型
ドラグナー2型
ドラグナー3型

・その他
1/144F-15(ダイソー/アカデミー)
インべル(アトリエ彩 モデロック)
1/144スホーイ Su-22 フィッター(ダイソー/アカデミー)
1/76 T-34/85 ボルガ(フジミ)
1/60 バーグラリードッグ(ウェーブ/ユニオンモデル改造)

・ミニプラ
シンケンオー
ダイテンクウ

製作中止・休止中
1/144テムジン(2Pカラー)
HGUCジムキャノン(ミキシング)

その他ホームページにもいくつかアップしてありますので、よろしければどぞ~♪
カテゴリー
最新CM
[02/23 T・Δ]
[02/22 EWFT]
[01/01 アスカ]
[12/18 T・Δ]
[12/18 mn]
カウンター
リンクについて
リンクについては勝手にして下さって結構ですが、できればその旨をコメント欄に伝えておいて欲しいです。相互リンク大歓迎!
ブログ内検索
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]